使い込まれた箸が、里帰りするように修理に戻ってくることがあります。

指リングが割れてしまった箸。箸先が折れてしまった箸。つながっている部分が割れてしまった箸。それぞれ里帰りには様々な理由があります。

Miyabowでは、基本的には簡単な修理であれば無料で行っています。(ただし、送料に関してはお客さまにご負担いただいております。)

里帰りした箸がどのようにして修理され、どんな状態で嫁ぎ先に帰っていくのかをご紹介します。

今回里帰りした箸は、2020年に注文を頂いて製作した箸です。2年くらい愛用してもらっている箸です。

「親指入れる丸の部分が割れてしまいました。修理は可能でしょうか連絡ください。」お客さんからこんな連絡がきました。

「もちろん大丈夫です。修理はできます。こちらまで送ってください。」

送られてきた箸は、リングが割れて、箸先もかなりすり減っていました。さらに磁石から錆も出ていました。さあ、入院して悪い部分を治して綺麗になって退院してもらいましょう。

まずは、連結している箸をばらばらにして、悪い部分を取り除きます。

錆びた磁石を、撃ち込まれた銃弾を取り出すように、えぐり出します。

次に、割れたリングを切除します。


取り付けてあったリングと同じ大きさのものを作ります。

元の位置と同じ角度、同じ高さに接着します。

あとは、箸の長さは、若干短くなってしまいますが、箸先を整えて滑り止めの溝を彫ります。仕上げに、きれいに磨いてあげます。最後に分解した箸をつなぎ直します。あとは塗装をして修理は完了です。

箸先も綺麗になりました。

指リングもこのとおり。

新品同様元通り。

修理されるために戻ってきた箸からは、様々な歴史が見えてきます。驚くほどきれいに使われてきた箸。何年も使い込まれて箸先の溝がなくなってしまった箸。指が当たる部分がへこむほど使い込まれた箸。

そんな箸が戻ってくると「おかえり。頑張ってきたね。きれいに直してあげるからね。」と声をかけてあげたくなります。

「いってらっしゃい。また頑張っておいで!」

Miyabowは、いつでも里帰りする箸を待っています。

「神木探偵 神宿る木の秘密」本田 不二雄 (著) という本と出会った。

実は松の樹皮の模様を器や皿に彫ってみたいという想いから、樹木の写真集を探していたのだ。偶然手にした本には、次のような文が冒頭に書いてあった。

「できれば本書を手にした方も、これらの「すごい」木と出逢い、しばし呆然とし、魂が抜けるような感覚を味わっていただきたい。」

内容を読まずしても、この文章が全てを物語っていることがすぐに分かった。

本文を読み進めていくうちに、「ご神木」には、一本一本にそれぞれ背景や歴史・伝説があり、信仰の対象であり、地域住民のよりどころとなっていることを知った。

本を読み終わった次の日。私もさっそくご神木巡礼に出掛けることになる。

最初に向かったのは、横根の大杉。二本の杉が鳥居のようになっている。

最初にこの場所に呼ばれたのは、鳥居をくぐることで、ご神木巡礼の始まりを意味していたのかもしれない。ここから私の巡礼が始まった。

そして次に向かったのが、岩屋の大杉。

見る角度によって様々な表情をみせる。巨木ならではの樹皮の割れ、蒸した苔、風雪でささくれた皮。それはまるで、歳を重ね悟りを得た仙人のようだった。

思わず、手を合わせてしまった。

3番目に向かったのは、西光寺の大杉。

数え切れないほどの枝に圧倒される。見上げると空一面の枝。首が疲れるほど時を忘れて見上げていた。それほどまでに美しかった。恐ろしさや崇高さよりも美しさや温かさを感じる巨木だった。

4番目に向かったのは、薬師の大いちょう。

これまで、杉ばかりだったので、いちょうの鮮やかな緑がひときわ目を引いた。そして、根元から生えている無数の蘖。樹齢を重ねているからこその、老若が一体の様相が印象的だった。

5番目に訪れたのは、若宮神社の大杉。

縦横無尽に広がる枝は、まるで千手観音のようだった。天だけでは飽き足らず、地面からもそこかしこと根が地表にむき出しになり、この空間を支配しているようだった。

6番目に出迎えてくれたのは、菖蒲池白山神社の大ケヤキ。

このケヤキは、正面と反対側で全く相反する表情を見せた。神社に向かっている正面は何事もなかったかのように平然とみえるが、実は裏側は、本当に枯れていなのかと思ってしまうほど大きくえぐれているのだった。

本当は苦労や大きな挫折を繰り返しているが、それでも顔色を変えずに前向いて生きていくそんな勇気をもらえるご神木だった。

7箇所目は、専福寺の大欅。

これまで見た中で最も太い根回りだった。あまり太さに空いた口がふさがらない。マンモスどころではない、恐竜それもブラキオサウルスの足はこんな感じなのだろうかと想像してしまった。その太い幹ににあわない小さな葉っぱがなんともミスマッチに可愛らしかった。

そして、最後をしめくくったのが、白山神社のカツラ。

これまでのご神木とは一線を画すほどの異様さが漂っていた。うかつに近づけば、幹の周りの細かい枝が巻きついてくるのではないかと思えるほどの強烈な威圧感があった。私の脳内にある木の幹のイメージではない。もはや木ではない他の生命体のようだった。

街中のご神木と違い、山奥にあるご神木だったこともあり、周りの雰囲気や空気感、匂いがそう思わせたのかもしれない。手を合わすというよりも、「失礼します。」という感じである。

根元に空いた穴が異世界に通じているのでないかと思ってしまった。

8本のご神木と対面し、なんとかこのエネルギーを作品として表現したい。

そんなとき脳裏に浮かんできたのが、画家の千住博氏の言葉だった。

有名な滝の画は、ボス鹿を描こうと思っていんだけれども、ボス鹿の奥に見えた滝を描くことでボス鹿の強さを表現できると思った。そんなようなことを言っていた。

私もこのまま樹を彫って作ってもなにか違うと思っていた。そんな時に、思い浮かんできたのが狼だった。神格化された狼の霊的な存在感、味方でもあり脅威でもある崇高な恐ろしさ、私のご神木巡礼で感じたイメージのそれとぴったり重なる。

狼について調べていると日本人と狼の関係がとても興味深い。この話をすると長くなるのでまた次回にしよう。そうして、狛犬ならぬ「狼像」があることも知った。その瞬間、私は「狼像」を彫って巨木で感じたエネルギーを表現しようと思ったのだった。

どんな「狼像」が生まれてくるのか楽しみである。まさか、一冊の本からここまで飛躍するとは思ってもみなかった。

私は、これまでに様々な哲学や仏教・禅などの本を読んできた。今思えば、これまで読んだほとんどは、その類なのかもしれない。意外かもしれないが、四十年生きてきて文豪と呼ばれる小説の作品はほとんど読んだ記憶はない。

それよりも、本を書かれた作家の生き様を垣間見れるような本が個人的には好きなのだろう。それは、ものを生み出す仕事をしていることが大きな要因を占めていると考えられる。「美」や「デザイン」を求めていくと、宗教や哲学の思想や観念、さらには原始的な世界の自然観や無意識の世界へ最終的に誘われていくような気がする。

その理由として、作家がどんなことを考え、その結果どんな信念を持ち、どんな世界を求めたのか。そんなことを感じられる本と出会った時に心から揺さぶれる。

私は、とても感化されやすい。しかし、その熱い想いは、すぐに次の興味に取って変わられる。

しかし、今回読んだ、中村天風さんの本は、考え方、思想などは、古来の大和魂を踏襲しながらも、今の時代にも受け入れられる思想なのかもしれない。

そんな古来の中村天風の哲学が今、私を洗脳している考え方である。

この出会いは、最近興味を持ち始めた瞑想やマインドフルネスの本の中にあった。瞑想といっても、様々な実践方法があり、自分にはどの方法が合っているのか、確信が得られず、何冊か手にとってみたが、その実践方法は決めかねていた。無作為に読んでいた本の中に中村天風「心身統一法」という一文が書かれていた。この本を書いた著者は、

この「心身統一法」は自分には合わなかったと紹介していたが、どんなものか気になり

調べてみたのが始まりだった。

どんな瞑想法か知りたかったが、まずは中村天風という人を知らなければいけないと思い、中村天風が書いた本「運命を拓くー天風瞑想録」講談社と出会うことになった。

読み進めば進むほど、その哲学の世界に引き込まれていく。もはや瞑想法を見つけるという本来の目的を忘れて、この哲学を実践し我がものにしたいという想いが強くなってきた。行き着く先に見えてくる世界、そこから生まれてくる作品がどんなものなのか見てみたくなった。

私なりに、この本の感想文を書き記し、これからの私の生きていくうえでの、実践すべき事柄をまとめてみようと思う。

本文を一部抜粋して紹介する。

しかし、一部を抜粋しても、天風哲学を順を追って理解していかないと内容を理解するのは難しいかもしれないが、理解が追いつかない場合は、この本を読んでみてほしい。

「いかなる場合にも、常に積極的な心構えを保持して、堂々と活きる。」

わかりやすくいえば、腕に自信のある船乗りは、静かな海より、荒波を乗り切る航海の方が、張り合いがあるという。これと同じく、病や苦難から逃げたり、避けたりせず、「矢でも鉄砲でも持ってこい」と苦しみ、悲しみに挑戦し乗り越えていき、自分の力でこれ打ち砕いていく気持ちなれ、というのが、天風哲学の真髄である。

病のためにすっかり天風の体が弱ったとき、インドで出会ったヨーガの先生との会話

ヨーガの先生「お前は、世界一の幸せ者だなあ」

天風「その意味がわかりません」

ヨーガ先生「おい、よく考えろ、もっと奥を。苦しい病に虐げれながらも死なずに生きているじゃないか。その生きているという荘厳な事実を、なぜ本当に幸せだと思わないのだ。苦しいとか、情けないとか思えるのも、生きていればこそではないか。生きているのは、造物主がまだ殺す意思がないから、守ってくだされているのだ。それを幸せと思わないのか。お前は罰当たりだ」

「人間の背後には、人間が何を欲するにも、また何を人知れず思うにも、その一切を現実の形として現そうと待ち構えている宇宙霊が控えている」 ※宇宙霊=私なりの解釈は、この世界のすべてを支配している宇宙エネルギー。

要約するなら、心で思ったことは、宇宙エネルギーによって、現実世界にそのまま瞬時に影響を及ぼす。それが、良い想いであれ、悪い想いであれ、人間の心のあり方が、結局人生を支配する法則なのである。

全ては自分の捉え方次第で、良くも悪くもそこから先は決定される。

ここからは禅問答になるかもしれない。

この本を読んで、生まれた意味、生きる意味を考えさせられた。

なぜ、人は生きるのか。

それは、生きる意味を見つけるため。

(さらに言えば、人を導くため。私はまだこの領域には達していない。)

そして、幸せになるため。

宇宙の真理を自分なりの方法で見つけだし、確認し、確信して実行することで、自分を含め周りの人を幸せに導くため(このクラスは、伝道者レベル)

私は、まだ探求者であり導くようなものではない。目下修行の身である。

その真理とやらは、足元にあり、目の前にあり、この瞬間にあるらしい・・・

「我々の肉体、精神、人生におけるすべて事柄は、心の運用いかんによって決定する。」

「人間の心で行う思考は、人生の一切を創る。」

「心の思考が人生を創る」

「感覚、思考をすべて受入れ、迷いなく一体化した時に、それは神の創造物となる。」

「相手と話をする時も前向きな言葉で導く。」

「言葉は人生を左右する力がある。積極的な「言葉」を使い、生き方を変える。」

「怒ったり、悲しんだり、悶えたり、迷ったり、苦しんだり、なんでも取り込んでしまうと、終始くだらない宿命を引き寄せてしまうことになる。」

「すべてのことを喜び、すべてのことに感謝して生きる。」

「病気になっても、不運になっても感謝する。それは、神がもっと生かしてやりたいと思うからこそ、病をくだされる。今の心の持ち方や生き方をしているから病になる。その人生を改めるよう教えてくれていると思う。まず、第一に生きていることに感謝しよう。」

「今日一日、怒らず、怖れず、悲しまずを実行したかどうか。

正直、親切、愉快に人生の責務を果たしたか。」寝る前に確認する。

朝、目が覚めたら「今日一日、この笑顔を壊すまい」と笑う。

「自分に起こる全ては、ありがたく頂戴しよう。」

中村天風の哲学は、信念が強すぎて受け入れにくい人も多いだろう。しかし、私が探究し、経験や思考から組み立ててきた真理と近しい部分もある。天風哲学を理解実践することで自分なりの真理(宇宙の法則)を見つかりそうな予感がしているもの事実である。

「どんなことが目の前に起っても、それらすべては自分を成長させるために起こっている。」

そんな気持ちで、ものごとを捉えられると、今より少し気持ちが楽になるかもしれない。

ひとことで言えば、一言で言うのは難しいが、

「自分に起こる全てを前向きに捉える!」

それがたとえ、余命数ヶ月と宣告されたとしても…

「死を宣告されても、今は生きている。」

それは、宣告されて再認識するのではなく、今の生き方を現時点で再確認し、

私は、これまでに様々な哲学や仏教・禅などの本を読んできた。今思えば、これまで読んだほとんどは、その類なのかもしれない。意外かもしれないが、四十年生きてきて文豪と呼ばれる小説の作品はほとんど読んだ記憶はない。

それよりも、本を書かれた作家の生き様を垣間見れるような本が個人的には好きなのだろう。それは、ものを生み出す仕事をしていることが大きな要因を占めていると考えられる。「美」や「デザイン」を求めていくと、宗教や哲学の思想や観念、さらには原始的な世界の自然観や無意識の世界へ最終的に誘われていくような気がする。

その理由として、作家がどんなことを考え、その結果どんな信念を持ち、どんな世界を求めたのか。そんなことを感じられる本と出会った時に心から揺さぶれる。

私は、とても感化されやすい。しかし、その熱い想いは、すぐに次の興味に取って変わられる。

しかし、今回読んだ、中村天風さんの本は、考え方、思想などは、古来の大和魂を踏襲しながらも、今の時代にも受け入れられる思想なのかもしれない。

そんな古来の中村天風の哲学が今、私を洗脳している考え方である。

この出会いは、最近興味を持ち始めた瞑想やマインドフルネスの本の中にあった。瞑想といっても、様々な実践方法があり、自分にはどの方法が合っているのか、確信が得られず、何冊か手にとってみたが、その実践方法は決めかねていた。無作為に読んでいた本の中に中村天風「心身統一法」という一文が書かれていた。この本を書いた著者は、

この「心身統一法」は自分には合わなかったと紹介していたが、どんなものか気になり

調べてみたのが始まりだった。

どんな瞑想法か知りたかったが、まずは中村天風という人を知らなければいけないと思い、中村天風が書いた本「運命を拓くー天風瞑想録」講談社と出会うことになった。

読み進めば進むほど、その哲学の世界に引き込まれていく。もはや瞑想法を見つけるという本来の目的を忘れて、この哲学を実践し我がものにしたいという想いが強くなってきた。行き着く先に見えてくる世界、そこから生まれてくる作品がどんなものなのか見てみたくなった。

私なりに、この本の感想文を書き記し、これからの私の生きていくうえでの、実践すべき事柄をまとめてみようと思う。

本文を一部抜粋して紹介する。

しかし、一部を抜粋しても、天風哲学を順を追って理解していかないと内容を理解するのは難しいかもしれないが、理解が追いつかない場合は、この本を読んでみてほしい。

「いかなる場合にも、常に積極的な心構えを保持して、堂々と活きる。」

わかりやすくいえば、腕に自信のある船乗りは、静かな海より、荒波を乗り切る航海の方が、張り合いがあるという。これと同じく、病や苦難から逃げたり、避けたりせず、「矢でも鉄砲でも持ってこい」と苦しみ、悲しみに挑戦し乗り越えていき、自分の力でこれ打ち砕いていく気持ちなれ、というのが、天風哲学の真髄である。

病のためにすっかり天風の体が弱ったとき、インドで出会ったヨーガの先生との会話

ヨーガの先生「お前は、世界一の幸せ者だなあ」

天風「その意味がわかりません」

ヨーガ先生「おい、よく考えろ、もっと奥を。苦しい病に虐げれながらも死なずに生きているじゃないか。その生きているという荘厳な事実を、なぜ本当に幸せだと思わないのだ。苦しいとか、情けないとか思えるのも、生きていればこそではないか。生きているのは、造物主がまだ殺す意思がないから、守ってくだされているのだ。それを幸せと思わないのか。お前は罰当たりだ」

「人間の背後には、人間が何を欲するにも、また何を人知れず思うにも、その一切を現実の形として現そうと待ち構えている宇宙霊が控えている」 ※宇宙霊=私なりの解釈は、この世界のすべてを支配している宇宙エネルギー。

要約するなら、心で思ったことは、宇宙エネルギーによって、現実世界にそのまま瞬時に影響を及ぼす。それが、良い想いであれ、悪い想いであれ、人間の心のあり方が、結局人生を支配する法則なのである。

全ては自分の捉え方次第で、良くも悪くもそこから先は決定される。

ここからは禅問答になるかもしれない。

この本を読んで、生まれた意味、生きる意味を考えさせられた。

なぜ、人は生きるのか。

それは、生きる意味を見つけるため。

(さらに言えば、人を導くため。私はまだこの領域には達していない。)

そして、幸せになるため。

宇宙の真理を自分なりの方法で見つけだし、確認し、確信して実行することで、自分を含め周りの人を幸せに導くため(このクラスは、伝道者レベル)

私は、まだ探求者であり導くようなものではない。目下修行の身である。

その真理とやらは、足元にあり、目の前にあり、この瞬間にあるらしい・・・

「我々の肉体、精神、人生におけるすべて事柄は、心の運用いかんによって決定する。」

「人間の心で行う思考は、人生の一切を創る。」

「心の思考が人生を創る」

「感覚、思考をすべて受入れ、迷いなく一体化した時に、それは神の創造物となる。」

「相手と話をする時も前向きな言葉で導く。」

「言葉は人生を左右する力がある。積極的な「言葉」を使い、生き方を変える。」

「怒ったり、悲しんだり、悶えたり、迷ったり、苦しんだり、なんでも取り込んでしまうと、終始くだらない宿命を引き寄せてしまうことになる。」

「すべてのことを喜び、すべてのことに感謝して生きる。」

「病気になっても、不運になっても感謝する。それは、神がもっと生かしてやりたいと思うからこそ、病をくだされる。今の心の持ち方や生き方をしているから病になる。その人生を改めるよう教えてくれていると思う。まず、第一に生きていることに感謝しよう。」

「今日一日、怒らず、怖れず、悲しまずを実行したかどうか。

正直、親切、愉快に人生の責務を果たしたか。」寝る前に確認する。

朝、目が覚めたら「今日一日、この笑顔を壊すまい」と笑う。

「自分に起こる全ては、ありがたく頂戴しよう。」

中村天風の哲学は、信念が強すぎて受け入れにくい人も多いだろう。しかし、私が探究し、経験や思考から組み立ててきた真理と近しい部分もある。天風哲学を理解実践することで自分なりの真理(宇宙の法則)を見つかりそうな予感がしているもの事実である。

「どんなことが目の前に起っても、それらすべては自分を成長させるために起こっている。」

そんな気持ちで、ものごとを捉えられると、今より少し気持ちが楽になるかもしれない。

ひとことで言えば、一言で言うのは難しいが、

「自分に起こる全てを前向きに捉える!」

それがたとえ、余命数ヶ月と宣告されたとしても…

「死を宣告されても、今は生きている。」

それは、宣告されて再認識するのではなく、今の生き方を現時点で再確認し、

現状を受け入れ、そこから今、そして未来へと、次につなげるための自分にできることを(自分にしかできないこと)、形式だけでなく、その奥に隠れれている深い意味にも想像を働かせながら、理解し次の世代に伝えていきたい。

現状を受け入れ、そこから今、そして未来へと、次につなげるための自分にできることを(自分にしかできないこと)、形式だけでなく、その奥に隠れれている深い意味にも想像を働かせながら、理解し次の世代に伝えていきたい。

これまで何度も愛bowのモデルチェンジをしてきた。その度に、気になる部分を改良し発表してきた。新しいことに挑戦し、問題を解決してきたつもりだ。

しかし、「コストがかかりすぎる。」「精度がでない。」そんな理由を言い訳に、技術的あきらめていたことも少なからずあった。

だがようやく、10年の歳月をかけて経験してきたこと、自分の技術が向上したことで今回の箸では、それらの問題を解決することに挑戦し、乗り越えることに成功した。

間違いなく歴代最高傑作である。

今回は、Miyabow専属作業療法士の力を借りて、試作品をドクターや医療関係者に実際に手にしてもらい、専門家の意見を聞かせてもらった。それらの意見を集計した報告書をもとに、試作品にフィートバックし、最終的な完成形に辿り着くことができた。医療現場は、コロナウィルスの影響で忙しいにもかかわらず、協力してくれたみなさんに感謝したい。

完成形に至るまでに様々な形状を試作し、握り具合や使いやすさを検証した。

左の2膳が緑色の箸が最初の試作品。
残りの赤い色の箸が報告書をもとにした試作品の数々。

ようやく、完成した箸は、これまでの箸より美しく、使いやすく、軽く、丈夫な箸に生まれ変わった。

そして、商品名も「愛bow」から「希望の箸」へと改称した。

箸を諦めていた方々の最後の希望になることを祈って。

現在2歳2ヶ月の娘が、箸で食べ物を器用にはさみ食べられるようになった。

この箸というのは、二本がつながっている矯正用の箸ではなく、大人と同じような二本の棒の箸のことである。まだ、正しい持ち方とまではいかないが、箸職人である私としては嬉しい限りである。

世間一般では、3歳頃から箸を持たせ練習させるケースが多いようである。しかし、我が家では、2歳を過ぎた頃から食事の時にはスプーン、フォークと一緒に箸を並べて置くようにしていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

箸作りの仕事をしていると「子供が正しく持てるようになる箸はありますか。」とよく質問される。これまでは返答に困っていたが、ようやくこの質問に対する答えの本質を見つけたような気がする。

私はこれまでに、初めて赤ちゃんが自分で使う「はじめての匙」、幼児食を自分で食べる「こどもすぷーん」「こどもふぉーく」などを、自分の娘にモニターとして試作品を使ってもらいながら形状や大きさを研究して製作してきた。そして、スプーンの次の段階となる箸作りに取り掛かった時も同じように数種類の試作品を手に取ってもらい、観察させてもらった。娘にとってはいい迷惑だったかもしれないが…

いつも、となりで食事の様子を観察してきた私の「箸を上手に使えるようになるための道のり」を紹介していきたいと思う。

結論から言わせてもらうと、

「箸だけでは箸を上手に使えるようにはならない。」

この考えに至った理由は、これまで幼児期から取り入れきたモンテッソーリ教育が大きな影響を与えていると確信したからだ。

決して、モンテッソーリ教育を推奨しているわけではない。ただ、これまで娘が経験してきたモンテッソーリ流の遊びが箸づかいに大きな影響を与えているのは明白である。モンテッソーリの保育園に入学させているわけではないし、あくまで自己流のモンテッソーリ教育なのであしからず。

娘には、さまざまな遊びに挑戦してもらってきた。その中で、箸づかいに影響を与えたと思われる遊びをいくつか紹介する。

●ポンポン移し遊び [1歳2ヶ月頃から]

箸の前段階として、ピンセットの使いこなしが挙げられる。最初は、ピンセットではなく先の幅が広いシュガートングを使わせていた。シュガートングを使い、ポンポンボールを製氷皿の中に入れる遊びをした。慣れてきた頃に、シュガートングをピンセットに持ち替えた。この動作で、ものをはさむ・はなすを練習していた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

●スプーンのステップアップ[1歳2ヶ月]

スプーンは、靴のように子供の成長に合わせてサイズを少しずつ大きくしていくのが好ましい。口の大きさの3分の2程度の大きさが目安と言われている。ずっと小さいスプーンを使っていると口を大きく開ける必要がなく、あごの発達が遅れるというのだ。そこで、我が家でも「はじめての匙」では、やや小さくなってきたのでひとまわり大きめの「こどもすぷーん」にステップアップした。

それぞれのスプーンの仕様

 角度すくう部分の最大幅長さ深さ持ち手の形
はじめての匙まっすぐ25mm105mm浅い楕円
こどもすぷーん角度あり33mm130mmやや深い三角形

私が作る大人用スプーンの持ち手の部分は三角形をしているものが多い。その理由として、持った時に美しく見えること、安定感があること、操作しやすいことが挙げられる。したがって、こども用のスプーンも持ち手を三角形にして製作している。そうすることで、最初に使う三角形の箸への移行がスムーズになるのではないかと思っている。

●トング形式の箸の練習[1歳6ヶ月]

先ほどのポンポン移し遊びをピンセットから、トング形式の食事用の箸に切り替える。

私の仕事は、手の不自由な人のための箸を作ることである。そのため、試作品や旧モデルのトング形式の箸がたくさんある。箸の練習になればと思い、トング箸を食事用ではなく、遊び用に使わせ始めた。

個人的には、つながったトング箸の使用は、大人形式の箸の上達の妨げになると思っていたが、意外にもこれが功を奏したようである。食事で使うトング箸を遊びで使うことで、つまむ楽しさをそのまま食事に持ち込むことができたと思う。これにより、食事での箸のイメージができるようになった

●トング形式の箸での食事[1歳9ヶ月]

この頃から、食事の時にはスプーン、フォーク、トング箸の三点セットをフランス料理店のように並べて好きなもの選んで使えるようにセッティングするようになった。

先に書いたように、遊びでトング箸に慣れていたおかげで、しばらくするとトング箸で器用に食べ物をはさんで食べる姿が見られるようになってきた。決して、箸を使うように強制したわけではないが、やはり大人が箸で食事をしているのを見て、自分も使いたいという思いが強くなってきたのだろう。そして、トング箸ではあるが食べ物をはさんで自分で食べられる喜びを強く感じると同時に、自信にもつながったのではないかと思う。

もし、このトング箸というクッションをはさまずに、スプーン、フォーク、大人箸という三点セットにしていたなら、箸づかいの難しさに苦手意識が生まれ、箸を敬遠することになっていたかもしれないし、箸で食事をすることを諦めていたかもしれない。したがって、トング箸も箸づかいの道のりには、かなり有効であることが考えられる。

●色鉛筆でのお絵かき[1歳9ヶ月]

鉛筆を正しく持つことは、箸をきれいに持てるようになることに直結している。なぜなら、可動させる側の箸の持ち方は鉛筆の持ち方と同じだからである。だからこそ、この色鉛筆を使ってのお絵かきはとても大事な遊びと言える。

ここで三本の指で正しく鉛筆を持てるように教えることが箸づかいを上達させる大きなカギになってくる。

●ハサミを使う[1歳11ヶ月]

子供用の小さなハサミで紙を切る遊びを始める。

ハサミは、トングのように握って閉じるだけではなく、開く動作も必要になってくるので、さらに指先の繊細な動きの練習になる。この動作ができるようになると道具を使うということがより一層上手になってくる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

●三角箸を食卓に[2歳]

しばらく、食事の様子を観察していると、あまりにも簡単に食べ物をつまむので、このままトング箸に慣れてしまっては、大人箸を上手に使うことができなくなるのではないかと不安に感じていた。

そこで、2歳の誕生日に長さ14cmの三角箸をプレゼントした。それから、食卓にはスプーン、フォーク、トング箸、三角箸の4点セットが並ぶようになった。それからは、大人の姿を見て、スプーンを使っていれば、自分もスプーンを使いたがり、フォークを使っていればフォークを選び、箸を使っていればトング箸や三角箸をと、道具を自由に持ち替えながら食事をしていた。今では、自分の判断で料理に合わせて道具を選びを楽しんでいるようである。

箸に関して言えば、三角箸よりもトング箸の出番の方がまだまだ多いようであるが、2歳2ヶ月で、三角箸の方は、突き刺したり、握り箸ではなく、大人の持ち方で食べ物をはさんで食べることができるようになった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

●まとめ

「箸がうまく使える箸はない。」

箸づかいの上達には、箸だけでなく、えんぴつ・スプーン・ハサミなど様々な道具を遊びをとおして使いこなせるようになることが近道だと言える。

したがって、これからは、「どうやったら箸がうまく使えるようになりますか。」と聞かれたら、こう答えることにする。

  • 箸の前に使うスプーンを正しく持てるようになること。
  • ピンセットなどではさむ練習をすること。
  • 鉛筆を正しく持てるようになること。
  • はさみで指先の細かい動きができるようになること。

付け加えるなら、トング箸もはさんで食事を楽しむためには使ってもいいと思うが、長く使いすぎると抜け出せなくなる可能性もあるので、使った方がいいよとは声を大にしてはいいにくい。

以上のことができるようになれば、矯正箸を使わなくても大人箸でも十分に良さそうである。

一般的には、正しい持ち方は、手への負担が少なく、疲れにくいと言われている。

そして、使っている姿が最も美しいのが正しい持ち方である。